2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

ホームページ

園芸

2018年2月18日 (日)

スプリング・エフェメラル

落葉広葉樹林の林床などに咲くカタクリやイチリンソウなどの草本で、
早春の一時期に開花して、夏には花や葉を落とし、来春まで地中に姿を消してしまう。
そんな可憐な花達をスプリング・エフェメラル『春の妖精』と呼んでいる。

今日、用事があって出かけた先で落葉樹の足元に咲く『春の妖精』を見つけました。

フクジュソウ
180218018tr


セツブンソウ
180218004tr


妖精たちの上を見上げると、サンシュウユの蕾が膨らんでいました。
180218012tr


カルガモがのんびり泳ぐ、池の端にはネコヤナギも可愛い花穂をつけていました。
180218023tr


春はもう、すぐそこまで来ていますね。♪

2018年2月15日 (木)

たねダンゴ、その後

今日は予報通り風もなく、暖かで穏やかな日となりました。
絶好の畑仕事日和となったので、予定していた台木用ノイバラの撤去作業を行ないました。

スタンダード作りのスクール用に以前は3株植えていたのですが、
昨年1株抜いて、今回も1株抜き、残りは1株だけにしました。
今後は小規模なレクチャー程度にするつもりなので、1株あれば充分です。

作業前の様子
180215004r


左側の株を撤去
180215005r


作業後、誘引用の支柱で株を囲む
180215007r


さて、本題のたねダンゴですが、植付時期で生育の違いがよくわかります。
イベント時に作った、たねダンゴの発芽状況や生育状態を確認するために、
参考までに、毎回一緒に作って畑に植え付けています。


昨年10月4日に、たねダンゴ指導員養成セミナー開催時に作って翌日植えたもの。
180215001r


昨年11月3日に花菜ガーデンのたねダンゴスクール開催時に作って翌日に植えたもの。
180215002r

下の写真は左が11月3日、右が10月4日に作ったもので、並べてみると一目瞭然です。
180215003r

秋植用のダンゴつくりは10月中旬位までがよさそうですね。
冬の寒さが来る前に、ある程度大きく育っていた方が冬越しするのに良さそうです。

2018年2月14日 (水)

イソヒヨドリ

昨日は花菜ガーデンのサポーター活動で外仕事でしたが、風もなく暖かな陽気で助かりました。
一転、今日は朝から冷たい風が吹き荒れて一歩も外に出たくありません。
そこで、じいさんには良く似合う日向ぼっこと相成りました。
窓辺にいると日差しは強く、家の中はまるで温室のようです。


暖かな太陽光の恩恵を受けながら庭を眺めていたら、枝垂梅の開花が進んでいました。
180214002r


暫く眺めていると枝越しに何やら鳥が飛んで来て、線路脇の柵にとまりました。
良く見ると、いつもこの辺りに出没しているイソヒヨドリでした。
180214001tr


この寒さはもう少し続きそうですが、着実に季節は進んでいますね。

2018年1月29日 (月)

オレンジポマンダー

昨日は知人を招いて、オレンジポマンダー作りを行いました。

オレンジポマンダーとは、スパイスで作る香りのする飾り物の一つです。

ヨーロッパで14世紀の後半頃に科学や交易が急速に進む中、
いまだかつてない伝染病なども運ばれてきました。

目に見えない細菌などを悪魔と呼んで排除するために、
伝染病対策にスパイスやハーブなどの香りが利用されました。

殺菌効果や抗菌効果のある香りのバリアを張って、細菌などから
身を守るために作られたものの一つにオレンジポマンダーがありました。
また、神父が臨終に立ち会う時にオレンジポマンダーで香りのバリアを作ったそうです。

そんなオレンジポマンダーの材料は、
オレンジ 1個
180128001r



クローブ 30g
180128002r


オレンジにセロテープを十文字に貼り付けて、貼っていない部分に、
クローブを刺しこんで差し込んで行きます。
180128003tr


180128004tr


180128005r


これでクローブ刺しはお仕舞。

この後、セロテープを剥してスパイスミックスを入れたビニール袋の中に丸ごと入れて
全体にスパイスをまぶして半日ほどおきます。
スパイスミックスはシナモン、オールスパイス、カルダモン、クローブなどを合わせたもの。

その後ビニール袋からオレンジを取り出して紙袋に移し乾燥させます。
完全に乾燥(条件によりますが2、3週間~1ヶ月くらい)させると、
サイズは一回り程小さくなって、重さも3分の1位になります。
そうしたら袋から取り出して十字に空いた部分にリボンを掛けて出来上がりです。

因みに完成したものは昨年作ったものですが1枚目の写真の右側に写っています。

2018年1月16日 (火)

ツルシギ

昨年末にやる予定だったヤマモモの剪定とマキの刈込作業は、
不覚にも長引いてしまった風邪の為に出来ずにいましたが、
今日は天気も良く暖かな陽気だったので午前中実施しました。
180116001r


昨日は寒くて肉体労働はやる気がなかったので野鳥観察に行ってきました。
距離があったのでカモ類かと思っていましたが、良く観るとツルシギでした。
180115012tr


180115022tr


180115028tr


ツルシギとは2015年の2月以来、3年ぶりの再会となりました。
寒い中出掛けた甲斐がありました。

2017年9月17日 (日)

渡良瀬遊水地

昨日は渡良瀬遊水地へ野草を見に行ってきました。

メドハギ
170916002tr

ホソバオグルマ(絶滅危惧種Ⅱ類)
170916011tr

フジバカマ(野性種)
170916015tr

ワタラセツリフネソウ(普通のツリフネソウとされていたが近年別種と認定されたそうです)
170916017tr

ヒメシオン
170916022tr

アゼオトギリ(絶滅危惧種)
170916026tr

タコノアシ
170916027tr_2

シロネ
170916028tr

ヒシ
170916029tr

シロバナサクラタデ
170916031tr

ゴキヅル
170916033tr

キクイモ
170916035tr_2

心配した雨にも降られず、むしろ曇り空で散策するのには良い天気でした。
しかし電車で片道3時間。一寸遠かったです。

2017年9月12日 (火)

入笠山

昨日は長野県富士見町の入笠湿原へ行ってきました。

なんと、初夏から晩秋までの花々を見ることが出来ました。
沢山の花の中から、欲張って載せられるだけ載せてみました。

駐車場から少し離れた場所にあるゴンドラで山頂駅へ。
山頂駅から湿原までは登山道を15分ほど進みます。
山中は薄っすらとガスがかかり幻想的な雰囲気でした。

170911012r

山中にも沢山の山野草が咲いていました。

ヤマユリ
170911075r

サラシナショウマ
170911002r

フシグロセンノウ
170911004r

アキノキリンソウ
170911005r

エンビセンノウ
170911008r

湿原に到着
170911073r

サラシナショウマの群生
170911043r

ハナイカリ
170911015r_2

キツリフネソウ
170911019r

ツリフネソウ
170911040r

エゾリンドウ
170911021r

シラカバをバックにエゾリンドウの群生
170911022r

サワギキョウ
170911023r

ワレモコウ
170911031r

ウメバチソウ
170911035r

ノコギリソウ
170911037r

ホソバトリカブト
170911038r

ナギナタコウジュ
170911039r

マツムシソウ
170911042r

ゴマナ
170911046r

キキョウ
170911051r

タムラソウ
170911053r

ヤナギラン
170911055r


クルマバナ
170911059r


コオニユリ
170911062r


イヌゴマ
170911063r


シモツケ
170911064r


コウゾリナ
170911065r


キバナノヤマオダマキ
170911069r


レンゲショウマ
170911076r


写真のアップはもう限界この辺で終わりますが、他にもマルバタケブキ、ウツボグサ、
ホタルブクロ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン等々沢山咲いていました。
久しぶりに沢山の山野草に出会えて、痛い足を引きずりながら行った甲斐がありました。

2017年9月 1日 (金)

八王子『たねダンゴ®』のその後

昨日はGAの活動で久しぶりの八王子です。

6月17日~7月5日にかけて実施した『たねダンゴ』つくりのイベントで、
花壇に植え付けた『たねダンゴ』を市役所の職員や地元ボランティアの皆さんと共に、
花柄切りや切戻し、施肥作業等を行なってきました。

たねダンゴ花壇は、八王子市制100周年事業の取り組みで開催する、
全国都市緑化はちおうじフェアのイベントの一つで行われました。
フェアは今月16日(土)~10月15日(日)まで開催されます。
イベント会場はメイン会場の他6カ所ありますので、
お近くにお出かけの際に立ち寄ってみてはいかがですか。


加住小中学校の小学校花壇。
中学校の方は野菜畑の周りに植えられていましたが撮るのを忘れました。。。

170831001c


小田野中央公園の花壇は園内の数ヶ所に分けて作られています。
170831003c


170831006c



片倉つどいの森公園は延長250mを超える長~い花壇です。
170831011c


170831013c


どの花壇も良く手入れされていて立派に咲いていました。
フェア終了までは咲いてくれると思います。フェア賑わうと良いですね。

2017年7月30日 (日)

収穫

終了間際にポツリポツリときましたが、何とか無事に終了した昨日の自治会夏祭り。
片付けを始める頃には本降りとなったので、片付けはそこそこに自治会館内で反省会。

酒豪ぞろいの役員たちには嬉しい反省会の様でしたが、私にとってはほぼほぼ苦痛。
てな訳で乾杯後に少々付き合っただけで早々に退散しました。

今日も午前中は雨の予報なので、櫓やテントの片づけは明日に持ち越しになったので、
今朝は畑へスイカなどの収穫に行ってきました。

170730004

大玉スイカ、小玉スイカ、甜瓜、フルーツトマトそしてブルーベリーです。
このところ米粒代わりにスイカやトマトが主食状態です。勿論おやつもスイカや甜瓜。
夏痩せどころか水分の過剰摂取で体重アップで~す。トホホ。。。

さて、畑に植えたたねダンゴは立派に咲いています。
6月9日に南公民館で作った時の物
170730001

こちらは5月31日にお台場のおもてなしガーデンで作った時の物
170730002
170730003

更に自宅で作ったたねダンゴも、コスモスやハゲイトウなどが綺麗に咲いています。
そして八王子市のイベントで行った、たねダンゴも順調に育っているとの報告が、
写真と共に家庭園芸普及協会経由で届いています。

南公民館に参加された方々は如何な様子ですか?立派に咲いていますか。
開花していれば、まだまだ楽しめるはずですよ。

2017年7月25日 (火)

ハクサンシャクナゲ

久しぶりの更新です。
暫く雑事が続いていたり、暑かったりでついついサボり癖が付きました。

昨日は、踵の調子が芳しくなかったのですが、富士山五合目まで行ってきました。
涼やかな風に後押しされて、何とか精進湖登山道を三合目まで下ることが出来ました。

外国人観光客が大挙して訪れていましたので、少し下がった駐車場脇から撮ってみました。

170724003tr


目的のハクサンシャクナゲは見頃で登山道の両側に群生していました。
170724014tr

今回は山野草目的でカメラはコンパクトデジカメだったので野鳥は撮れませんでしたが、
それなりに楽しめました。ホシガラス、メボソムシクイ、コゲラ、ヒガラ、シジュウカラ、
キバシリ等々そこそこ出て来てくれました。

さて、本題の山野草は始めてみた寄生植物のオニク(ハマウツボ科、オニク属1属1種)
ミヤマハンノキの根元に咲いていました。
170724010tr


ソハヤキトンボソウ、もう少しで咲きそうです。
170724008tr

こちらは、満開のソハヤキトンボソウです。
170724012tr


最後はあちらこちらに顔を出していたギンリョウソウ。

170724015tr

とても良い雰囲気の登山道でしたが、なんせ足が今一で、反対の足の膝も悲鳴。
帰りのバスを降りた頃には足を引きずり何とか駅へ、最後はヘロヘロ姿で帰宅しました。
今週末は自治会の夏祭りも控えているので早く万全な態勢にしなければ。。。トホホ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー