2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ホームページ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

スタンダード作り教室

今日はバラのスタンダード作りの講習会を実施しました。
昨年同様今回も花菜スクールとして花菜ガーデンの教室で行いました。
参加者は定員の15名で、受講生の中には昨年に続き今年も参加された方が何人かおりました。
2時間の予定でしたが皆さん時間前には完成され、怪我もなく無事に終了いたしました。

あとは上手く活着して成功すると良いですね。
用意した台木と穂木
170129004



作業中の様子を撮ってみました。(皆様には承諾済みです。)
170129001


170129002


170129003


参加くださいました方々に御礼申し上げます。
成功すれば今春には花が咲きますよ~note
 

2017年1月26日 (木)

ミソサザイ

今日は天気も良いので日向薬師まで散策に行ってきました。

日向薬師・宝城坊本堂は老朽化と虫害によって修理が必要となり、
平成の大改修が5年の歳月をかけ行なわれ、昨年11月20日に落慶を迎えました。

その本堂をお参りしてきました。
170126002tr

参拝後、野鳥を探しに日向川沿いを進み浄発願寺奥の院前まで行ってきました。

川沿いの浄発願寺にある三重塔はなかなか見ごたえのある立派な塔です。
170126006tr

残念ながら鳥はジョウビタキ、メジロ、ルリビタキそしてモズくらいでした。
しかし最後の最後に執念で川を覗き込み探索したところ、カワガラスとミソサザイを発見。
少々距離があったので上手く撮れなかったけれどカメラには収めることが出来ました。

羽色が黒いので老眼には厳しいカワガラス
170126009tr


日向川では初見となったミソサザイ
170126012tr

諦めて戻る最後にお目当ての2種に出会えて疲れも消えました。

2017年1月25日 (水)

アリスイ

昨日は埼玉県まで鳥見に行ってきました。
場所はオリンピックの競技場で話題になった彩湖に隣接する、秋ヶ瀬公園です。

広大な敷地で野鳥の種類と数は多く、結構楽しむことが出来ました。
新しい出会いは無かったけれど、35種の野鳥と出会うことが出来ました。

藪の中で上手く撮れなかったベニマシコ
170124010tr_2


桜草の広~い花壇を野焼きした中で見つけたアリスイ
170124015tr


ツグミやビンズイと一緒に餌探しをしていたムナグロ
170124055tr


園内の通路に出てきたシロハラ
170124061tr


帰り際、林の中で見つけたルリビタキ
170124080tr

天気は良かったのですが、川沿いということもあり風が冷たくて結構寒かったです。
そして何より大変だったのは最寄駅からの距離があることと、
あまりにも広大な敷地なので全て廻るには体力が持ちませんでした。
身体を鍛え直していつの日か再チャレンジで~す。

 

2017年1月21日 (土)

北海道の探鳥

今週は北海道まで探鳥へ行っていきました。
寒さは覚悟して行ったのですが、滞在中は毎日暖かく防寒対策は不要なくらいでした。
勿論、公園内や通路に積雪はあったけれど、雪には降られずにすみました。

天候には恵まれたものの、今回は少々期待外れな結果に終わりました。
何故だか、どこへ行っても鳥が殆どいませんでした。トホホ。。。

札幌市琴似の山の手通りの街路樹、ナナカマドの実を啄むアトリの群れ
170116012tr

小樽港の埠頭で初顔合わせが出来たシノリガモ。(♂と♀)
170117118tr

170117125tr


イカをゲットしたものの、かなり手こずっていたホオジロガモの♂
170117095tr

苫小牧市の北大自然研究林の池にいたホオジロガモの♀
170118041tr


北大自然研究林の通路は凍り付き、必死で歩いて足はパンパンになっちゃいました。
そんな甲斐があってかミヤマカケスとキクイタダキに出会うことが出来ました。

ウラジロモミの枝内に潜って動き回るので、うまく撮ることが出来なかったキクイタダキ
170118056tr_2


こちらは良く見える枝に止まってくれたミヤマカケス
170118060tr


林内には人に慣れているヤマガラとハシブトガラが餌をねだって付いてきます。

手を掲げると掌にとまってくるハシブトガラ(餌など持ってはいませんよ)
170118035tr


こちらは番外編ですが、やはり人を恐れず近付いてくるエゾリス
170118042tr

この後、こちらに向かって来て、直ぐそばの枝に登り、木の実を食べるラブリーちゃん
170118011tr

最終日は早朝から雪が降りだしたので予定を中止して空港へ直行しました。
ホテルを出るころには雪も止んで、濡れることもなく空港に到着。

昼食も済ませのんびりと待つことにしたのですが、詳細説明もないまま2時間程
出発が遅れて離陸。帰宅後新聞で事故があったことが分かりました。

たまたま撮った写真にタラップを下した事故機と消防車や作業員等が映っていました。

トラブルを起こした ANA 1831便 ボンバルディアDHC8-Q400型機170119003tr

大幅な遅れはあったけれど無事に帰宅出来て良かったです。

 

2017年1月 9日 (月)

オジロビタキ

今日は厚木の山へ鳥見です。
スタートから直ぐにルリビタキやシロハラが出迎えてくれました。

ルリビタキやシロハラが今日のように沢山出てきたのは、ここでは初めてでした。
ルリビタキ
170109002tr

大きい割には結構可愛いシロハラ
170109018tr


切株に溜まった水を飲みに来たシロハラ
170109015tr


たまには俺も撮ってくれとばかりに目の前の枝に飛んできたモズ
170109004tr


しかし1時間もしないうちパラパラと降りはじめてきたので車まで戻り待機。
そのうち雨脚が強くなってきたので、一寸早い昼食にするためレストランへ。

食事が終わったころから雨もほとんど止んで空も明るくなったので再び山へ。
午後からは鳥の姿も薄くなり、アカゲラ、コゲラ、そしてメジロくらいでした。

そろそろ帰ろうと山を下り始めたらシジュウカラに混じって小っちゃな鳥が飛んで来た。
肉眼で追って止まったところを撮ろうとファインダーを覗いたら全く分からなくなって
適当に見当を付けて撮ったのが下の写真です。
なんと初対面のオジロビタキの♀でした。
170109023tr


170109025tr

色と言い大きさと言い殆ど分からない状態でしたが、なんとか撮れて良かったです。
因みに図鑑によると体長が11㎝位だそうです。
 

2017年1月 5日 (木)

ミサゴ

今日は防寒対策をして相模川へ鳥見です。
天気は良かったのですが、河川敷は冷たい風が吹きかなり寒かったです。

水鳥はコガモ、オオバン、オナガガモ、カイツブリ等お馴染みさんでしたが、
上空には久しぶりにミサゴが出てくれました。
D81_7147tr

2、3羽いたのですが、その内の一羽が急降下をしたと思ったら、
魚をゲットして舞い上がってきました。
D81_6998tr_2

D81_7000tr


ならばと、ユリカモメも水中に頭を突っ込んで、魚をゲットして舞い上がりました。
D81_7367tr

河原では餌を探すコチドリと
D81_7312tr

イカルチドリ
D81_7105tr

水際ではイソシギと
D81_7238tr

タヒバリも餌探し
D81_7390tr

中洲の河原を探索するとホオジロやカワラヒワそしてカシラダカが沢山いました。
その他はカモメの幼鳥やヒメアマツバメとツバメ?の大群そしてオオタカとトビがいました。

 

2017年1月 4日 (水)

初仕事

正月の三が日も過ぎ、のんびりモードもお仕舞。
今日からいよいよ通常モードに切り替えです。

バラ関係の冬作業は2月まで無いので、今日は庭木の剪定と刈込作業です。
樹木は、ヤマモモ、イヌマキ、キャラボクそしてモミジです。
ヤマモモとイヌマキは大きな三脚梯子を使わないと出来ないのでかなりの大仕事です。
登っては降り、降りては登りの繰り返し、老人にはきつい作業でしたが何とか無事に終了しました。

作業前と作業後(南側から見た様子)
170104001r_2

170104004r


作業前と作業後(北側から見た様子)
170104002r

170104006r

作業前と作業後(フェンス側から見た様子)
170104003r

170104005r


スッキリとなったところで、後はバラが咲くのを待つばかりで~す。
 

2017年1月 3日 (火)

しつこいカラス

明けましておめでとうございます。

今年も相変わらず野鳥とバラの記事を投稿して行きます。

元旦から穏やかな日が続き、心身共にのんびりと過ごしておりますが、
今日は平塚まで買い物へ行ったついでに馬入川まで行ってきました。
残念ながら水鳥はカワウとオオバンそしてヒドリガモくらいでした。

一羽だけ出てきたイソヒヨドリの♀
170103001tr

木の枝で獲物を食べていたトビ、よく見ると足元に魚が見えますよ。
170103003tr

その周りにカラスが3羽群がって来て、ちょっかいを出し始めました。
その内の一羽がとうとう追い立ててトビは近くのサッカーゴールの枠へと逃げましが、
そのカラスは執拗に追いかけて行きました。
170103007tr


身体を膨らまして怒るトビと、しつこいカラス。
170103009tr


トビはたまらず逃げ出しましたが、カラスはしつこく追い回した末に、
やっと諦めてどこかに消えました。トビは遠くの電柱にたどり着いていました。

正月早々他愛もない記事で恐縮ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »