2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ホームページ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月23日 (火)

台風一過

風の強かった台風9号が去り、台風一過の上天気とはならなかったがまずまずの空模様。
バラのスタンダードの鉢が2個ほど倒れていたが特段の被害もなく一安心。

花柄や落葉などの掃除をしながら庭を点検していたら、スタンダードの鉢の上に珍しいものが。。。
それはカマキリの抜け殻
160823022r

数日前から、スタンダードの枝にとまっていたカマキリ、今朝もしっかり潜んでいました。
おそらく、この個体の物だと思います。
カメラを向けると『何か?』てな顔つきでこちらを見るカマキリ
160823023r

昆虫記事はこれくらいで、台風の被害にも遭わず咲いていた花達の出番。
今日はド・ドーンと大量にアップします。

フロックス
160823001r

ルドベキア ‘タカオ’
160823002r

ユーフォルビア ダイヤモンドフロスト
160823003r

ホトトギス
160823004r

ポーチュラカ
160823005r

青色フジバカマ
160823006r

寺岡アザミ
160823007r
トレニア(2種)
160823008r
160823009r
リナリア
160823010r
ネペタ ‘ウオーカーズロー’
160823011r
まだまだ続きます。

ブロワリア
160823012r
クレマチス ‘グレーブタイ ビューティー’
160823013r
サルビア ヤメンシス
160823014r
カンパニュラ
160823015r
斑入りヤブラン
160823016r
ジニア
160823017r
クレオメ
160823018r
サルビア コクシネア(2種)
160823019r
160823021r
オキシペタラム
160823020r
ユーパトリュウム ‘チョコレート’
160823024r

今日は久しぶりの草花のアップなので、これでもかとばかりにアップしちゃいました。
それにしても嫌な雰囲気の空模様。
今にも雨が落ちてきそうで~す。rain
  

2016年8月10日 (水)

食物連鎖

酷暑が続き、老人には厳しい毎日で少々バテ気味です。

なので、あまりにも厳しい時間は極力外に出ないように努めています。

とはいえ閉じこもってばかりもいかないので時々は外に出て庭仕事などやっています。
そんな庭仕事の最中に、昨日今日と二日続いて一寸ショッキングな場面に遭遇しました。

今日はそんなショッキングな写真のアップになりました。
こんなことはあちらこちらで毎日繰り返されているんでしょうね。

昨日の夕方、モミジの幹で激しいセミの声。
何かな?と視線をやるとカマキリに捕まったセミが餌食となっていました。
160809001tr

160809002tr
そして今朝はオモトの根元で何やらドタバタとバトルの様子。
覗き込んで見ると、今度はカマキリがトカゲの餌食になっていました。
160810002tr

160810010tr

それにしても野生生物は自然界で生きて行くのは本当に大変な事ですよね。

 

2016年8月 7日 (日)

カミキリ被害

今季もゴマダラカミキリの被害にあって没になったバラは後を絶たず、
今日もウイリアム・モリスを没にしました。

以前から株元に木屑が出ているのは承知していて、針金やカミキリ用スプレーなどを使って、
対策は講じていたのですが、一本の幹は枯れ残りも全体に元気がなくなってきたので
思いきって没にすることにして掘り起してみました。

株元の様子(茶色いのが木屑)
160807001


掘りあげてみてビックリ!
160807002


散々喰い尽くした後、地面からすぐ上の辺りに潜んでいたテッポウムシ(ゴマダラカミキリの幼虫)

160807004



内部は縦横無尽に這い廻った跡が。。。画面中央が引きずり出したテッポウムシ
160807005



ところで写真のように太い幹や枝を簡単に切る優れ物は、千吉のラチェット式太枝切鋏で
直径50Φまでなら簡単に切ることが出来ますよ。(勿論宣伝費などは貰っていませんよ)
160807003

齢と共にパワー減、最適な道具を使わねば。
それにしても憎ッきゴマダラ、毎年何本枯らせば気が済むのやら。。。

 

2016年8月 5日 (金)

メダイチドリ

昨日はブログにも載せましたがボランティア活動で東京テレポートまで行ってきました。
熱中症対策で長時間の活動は止めましょうということで早めに終了となったので、
船橋まで足を延ばして谷津干潟へ立ち寄ってきました。

丁度干潮時間になって観察には絶好の条件でしたが、予想通りと言うか残念ながらと言うか、
野鳥の数も種類も少なかったです。

最初に発見したセイタカシギ、探した範囲では他の1羽とこの1羽だけでした。
160804006tr


レストラン脇の池(赤いのは藻のようです)に飛んできたホシゴイ、窓越しに何とか撮れました
160804012tr


カニの反撃にあうキアシシギ
160804022tr


沢山いたのはメダイチドリ
160804064tr


じっくり探してやっと見つけたオオメダイチドリ
160804030tr


メダイチドリの群れに紛れ込んでいたコチドリ
160804068tr

ダイゼンが数羽、干潟の沖合に確認できましたが距離があるので写真は無理でした。
また帰りの駅に向かう途中アオアシシギを発見したのですがカメラはバッグにしまってあったので、
取り出すのが面倒で残念ながら撮りませんでした。
そのほかの鳥はダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウそしてカルガモくらいでした。
それにしても、もの凄く暑く久しぶりに大量の水分補給をした一日でした。

 

2016年8月 4日 (木)

たねダンゴ見守り隊

今日は朝から気温がグングンと上がる中、GA活動で東京テレポートへ行ってきました。

活動内容は東京テレポート駅前のおもてなしガーデンの除草作業です。
たねダンゴを作って花壇に蒔いたのが6月3日、約2か月でちょうど見ごろを迎えました。

先月の11日に除草に行ったときは、どの種もほんの少し顔を出した程度でしたが、
今日は立派に育っていました。
160804004r

160804001r


160804002r


160804003r


160804005r
臨海地区にご用向きの方は是非立ち寄ってみて下さい。
暫くは楽しめますよ~note
 

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »