2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ホームページ

2017年11月 5日 (日)

ムナグロ

一昨日(3日)は花菜ガーデンで、たねダンゴつくりの講習会を開催しました。
沢山の方々にご参加いただき、楽しくそして無事に終了出来ました。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

教室の様子
171103001tr


『たねダンゴ』の完成品。
171103004r


講習会の終了後、帰宅途中で近所の田んぼを探索。
稲刈りの済んだ田圃でのんびりくつろぐムナグロのご一行を発見。
背景と同化して見つけにくかったのですが、確認できただけで11羽いました。
171103006tr


171103008tr


さて何羽いるでしょうか?写真をクリック拡大して見つけてみてください。
171103014tr

正解は6羽です。
久しぶりの晴天で、枯草に埋もれて気持ちよさそうに寝ているものもいました。
ゆっくり滞在していってくださいな。

2017年10月23日 (月)

台風一過

超大型台風21号の、もの凄い風も何とか無事にやり過ごしたかに見えた我が家のバラ。
スタンダードのバラが2本、根元から折れて倒れていました。

ムムム、もしかして原因は。。。やはりゴマダラカミキリの奴でした。
買うのはやめようと、毎年堅く誓うのですが、結局毎年買うのを後押ししてくれるゴマダラ。

それにしても、憎っくきゴマダラめ、根元に潜んでいたテッポウムシ。171023001tr



短いスタンダードになっちゃいますが、途中から切って挿しておきました。
被害に遭ったのは、グレイスとエルモサ。
171023002tr

久しぶりの青空に、心弾むところだったのに。。。
うまく再生してくれると良いのですが、どうなることやら。

2017年10月22日 (日)

オジロビタキ?

一昨日、我が家に初お目見え。遠来のお客さんです。

ノゴマに続いて、オジロビタキの♀と思われる小鳥さんが我が家の庭に訪れました。
常時庭を眺めているわけではないのですが一寸覗いたら、チョコチョコしていました。
何時から来ていたのか。。。

?が付いているのは、尾羽が全く無いので確信が持てません。
怪我をしている様子もなく、生まれつきなのか、困った様子もありません。
特に動きにも不自由な様子もないので少し安心しました。
171020001tr_2



171020002tr



ジョウビタキも今季初登場です。雄のジョウビタキは、我が家では久しぶりです。
171020020tr


171020022tr


昨日の夕方もいたオジロビタキ
171021007tr
元気で渡っていて下さいな。

2017年10月17日 (火)

珍客到来

やっと暇になりどこかへ鳥見にでも行こうと思ったのに、連日の雨で残念!
家の中でくすぶっていたところ、庭の茂みに何やら見慣れぬ姿が、
窓ガラス越しにチラッと見えました。スズメではなさそうなので、
色の具合からウグイスでも来たのかと、目を皿のようにして覗いていたら、
ベンチの上にちょこんと飛んできました。

それは、な、なんと、ノゴマでした。
今年の6月に北海道の最北端で出会ったばかり。
我が家の庭で再会出来るとは。。。

南西諸島への渡りの途中で一寸立ち寄ったようです。

171017001cr


171017004cr


171017006cr


171017011cr


1時間くらい滞在していますが、どうやらまだ藪の中にいるようです。

ここからは追加で~す。

最初の写真を撮ったのが午前11時過ぎ、
その後庭を覗くとチョコチョコとあっちへ行ったりこっちに来たり、
午後の4時過ぎに、なんとなく声がするので、カメラを持って玄関を出たら
目の前のフェンスのブロックの上にいたので、再び撮ってみました。
我が家の庭が気に入ったようです。
171017014cr


明日は花菜ガーデンのガイドが有るのでお相手は出来そうにありません。
今日は楽しませてもらいました。無事に渡って行ってくださいね。

2017年10月 9日 (月)

サンショウクイ

今日は厚木の森林公園へ鳥見に行ってきました。
最初に出迎えてくれたのは、ものすごい数のメジロの大群。
その中にチラッと様子の違う鳥が見えたような気がしたので、
暫く木々の隙間を丹念に観察した結果、やっと見つけることが出来ました。

サンショウクイ(リュウキュウサンショウクイ♂のようです)
171009005tr

エゾビタキ

171009015tr


キビタキ
171009024tr


最後はヤマガラ、これも沢山いて、樹林を縦横無尽に飛び回っていました。
171009018tr


午後の予定は特になかったので、少し粘ってみようと思ったのですが、
今日は体育の日で天気も良かったので、徐々に家族連れの人出が多くなり、
鳥見には厳しい状況になってきたので、あきらめて早々に引き上げてきました。

2017年10月 6日 (金)

トウネン

久しぶりの更新です。
やっと一昨日で9月から続いていた諸々がひと段落。
今日は雨の降らぬうちにと朝早くから平塚の海岸まで行ってきました。

早速イソヒヨドリがお出迎え

171006003tr


トビも舞い降りてきました
171006022tr


錆びたパイプの上でスズメが仲良く並んでいました
171006023tr


トウネンも飛んできました
171006085tr


11羽程いました
171006011tr


直ぐそばまで来てくれました
171006070tr


一回り大きなハマシギが1羽だけ一緒でした
171006017tr


久しぶりの鳥見、楽しませてくれました。

2017年9月17日 (日)

渡良瀬遊水地

昨日は渡良瀬遊水地へ野草を見に行ってきました。

メドハギ
170916002tr

ホソバオグルマ(絶滅危惧種Ⅱ類)
170916011tr

フジバカマ(野性種)
170916015tr

ワタラセツリフネソウ(普通のツリフネソウとされていたが近年別種と認定されたそうです)
170916017tr

ヒメシオン
170916022tr

アゼオトギリ(絶滅危惧種)
170916026tr

タコノアシ
170916027tr_2

シロネ
170916028tr

ヒシ
170916029tr

シロバナサクラタデ
170916031tr

ゴキヅル
170916033tr

キクイモ
170916035tr_2

心配した雨にも降られず、むしろ曇り空で散策するのには良い天気でした。
しかし電車で片道3時間。一寸遠かったです。

2017年9月12日 (火)

入笠山

昨日は長野県富士見町の入笠湿原へ行ってきました。

なんと、初夏から晩秋までの花々を見ることが出来ました。
沢山の花の中から、欲張って載せられるだけ載せてみました。

駐車場から少し離れた場所にあるゴンドラで山頂駅へ。
山頂駅から湿原までは登山道を15分ほど進みます。
山中は薄っすらとガスがかかり幻想的な雰囲気でした。

170911012r

山中にも沢山の山野草が咲いていました。

ヤマユリ
170911075r

サラシナショウマ
170911002r

フシグロセンノウ
170911004r

アキノキリンソウ
170911005r

エンビセンノウ
170911008r

湿原に到着
170911073r

サラシナショウマの群生
170911043r

ハナイカリ
170911015r_2

キツリフネソウ
170911019r

ツリフネソウ
170911040r

エゾリンドウ
170911021r

シラカバをバックにエゾリンドウの群生
170911022r

サワギキョウ
170911023r

ワレモコウ
170911031r

ウメバチソウ
170911035r

ノコギリソウ
170911037r

ホソバトリカブト
170911038r

ナギナタコウジュ
170911039r

マツムシソウ
170911042r

ゴマナ
170911046r

キキョウ
170911051r

タムラソウ
170911053r

ヤナギラン
170911055r


クルマバナ
170911059r


コオニユリ
170911062r


イヌゴマ
170911063r


シモツケ
170911064r


コウゾリナ
170911065r


キバナノヤマオダマキ
170911069r


レンゲショウマ
170911076r


写真のアップはもう限界この辺で終わりますが、他にもマルバタケブキ、ウツボグサ、
ホタルブクロ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン等々沢山咲いていました。
久しぶりに沢山の山野草に出会えて、痛い足を引きずりながら行った甲斐がありました。

2017年9月10日 (日)

エリマキシギ

今日は花菜ガーデンに用事があったので、到着前に平塚の休耕田を覗いてきました。

すると、な、なんと、先着のバーダー達が砲列をなして盛んにシャッターを切っていました。
以前カメラ片手にプラプラ散策していた時にはバーダーなどはお目にかかったことは
無かった所だったのでビックリです。

車は好き勝手なところに止め放題、三脚並べて我がもの顔での振舞い。
あれでは周辺住民や農家の人々といざこざが起こる訳です。

恐る恐る近づいて数枚撮ってスゴスゴと退散してきました。桑原桑原。。。

バーダーの騒ぎも何のその、仲良しのエリマキシギのお二人でした。
170910001tr


170910003tr


170910011tr


若鳥と思われる、この個体は可愛い顔をしてますが、
夏羽のオスの成鳥は狐目で襟巻柄も派手で、あまり可愛いとは言えません。
もっとも、日本ではあまり見かけることがないようですが。

2017年9月 1日 (金)

オグロシギ

先月は所用が続き殆ど更新が出来なかったので、
その分と言っては何ですが、本日2度目のアップです。

午後から時間が取れたので、近くの休耕田へ行ってきました。

オグロシギとエリマキシギ(若鳥?)がそれぞれ1羽づつ仲良く一緒にいました。

オグロシギ
170901026rt


エリマキシギ
170901009rt


仲良く並んでツーショット(左が一回り大きいオグロシギで右がエリマキシギ)
170901021rt


この場所は、今年から色々なシギチが飛来しています。
これから毎年来てくれると、嬉しいのですがどうなるか楽しみです。

«八王子『たねダンゴ®』のその後