2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

ホームページ

2018年8月16日 (木)

草刈機

今年は例年になく草の伸びが早く、畑や住宅沿いの通路もすぐに生い茂ってしまう。

それほどの酷使ではなかったのに、今まで使っていたエンジン式の刈払機は、
不具合が頻発でどうにも効率が悪く、買い替えることにしました。
3台目となる今回は、最新式の充電式バッテリー搭載の草刈機にしてみました。

バッテリー式はパワーに少々不安がありましたが、今朝実際に作業してみましたが、
従来の物と比べてなんの問題もなく動作し、むしろ騒音は無くて気兼ねなくできました。

黄色い本体の物がエンジン式で、手前の青色の本体が充電式です。
今後は燃料の購入や起動時の手間も省けて良さそうです。
180816001r


少々高い買い物でしたが軽快に作業が出来そうです。
頑張って長生きして使用しなければ。。。

2018年8月15日 (水)

田んぼで

昨日、夕涼みがてら近くの田んぼを散策してきました。
格段珍しいものも見当たらず、セッカすら鳴いていなかったです。
そんな田んぼでしたが、サギ類がダイ、チュウ、コ、アオ合わせて8羽ほど。
更にカルガモ20+とイカルチドリ3羽ほどいました。

ダイサギとチュウサギ
180814001rt


カルガモ
180814005rt


イカルチドリ
180814006rt


久しぶりの田んぼは、風もあってすっかり秋のような涼しさでしたが、
帰宅したら室温は30度超え、一気に夏に逆戻りでした。

2018年8月 6日 (月)

スタンダード台木

今日は畑で育てている、スタンダードの台木用の刺なしノイバラの手入れを行いました。
昨日は畑の草刈りを行ったのですが、暑い中での作業で、かなり重労働でした。
しかし、今朝は気温も若干低く、風も少しそよいでいたので助かりました。

ぼうぼうに伸びたシュートを間引いたり、風や害虫などで傷んだ枝を切り取ったり、
横に飛び出たシュートを上向きに仮止めしたりの作業です。

作業前の様子
180806001


作業後の様子
180806005


ガラケー携帯で撮ったので、わかりにくいですが、
かなりスッキリとして、これで暑い夏を乗り切れそうです。
それにしても日照り続きで畑はパサパサ。
西日本では大雨被害で大変ですが、こちらは少し降ってもらいたいですね。

2018年8月 3日 (金)

小楢山

酷暑の中、水分補給が過剰気味で一向に体重減とは成らず、むしろ増加気味。
そこで水分を絞り出そうということで、久しぶりの山行きと相成りました。

天候はそれほど強い日差しではなく、薄雲がかかり、風もそよぎ登山には絶好でした。
気温は山頂で27℃と下界よりはかなり低め。
それでも予定通り身体中の水分をたっぷり絞り出すことができました。
しかし帰宅後の体重測定の結果は。。。出した以上に補給したのか???

登山道で出会った山野草
カラマツソウ
180802001tr


マルバタケブキ
180802002tr


ソバナ
180802004tr


フシグロセンノウ
180802005tr


ウスユキソウ
180802007tr


コオニユリ
180802009tr


コウリンカ
180802017tr


オトギリソウ
180802024tr


ウツボグサ
180802034tr


カワラナデシコ
180802035tr


下山後立ち寄った乙女高原でも沢山の山野草が咲いていました。

タチフウロ
180802041tr


ワレモコウ(とまっているのはナツアカネ?)
180802042tr


キンバイソウ
180802043tr


ヤマルリトラノオ
180802044tr


チダケサシ
180802045tr


ヒヨドリバナ(とまっているのはアサギマダラ)
180802051tr


他にもシシウド、ノコギリソウ、オミナエシ、マツムシソウ等々沢山咲いていました。

2018年7月23日 (月)

アツモリソウ

久しぶりの更新です。
パソコンを使って何十年も経つが、修理へ出す故障は初めての経験。痛い出費でした。

少し前になりますが信州へ行った時の写真です。

イワカガミ
180627009r


釜無アツモリソウ
180629009r


キバナノアツモリソウ
180629010r


サワギク
180629016r


クリンソウ
180629017r


春の花は終って、夏の花はこれからという時期だったので少し残念でした。
それでもアヤメやキバナノオダマキ、シロバナヘビイチゴなどは咲いていました。

2018年6月25日 (月)

サンコウチョウ

今日は久しぶりに、鳥見に行ってきました。

枝にとまって、真下の流れで水浴びを繰り返していたサンコウチョウのメス。
180625014tr


すぐ脇の茂みには、コジュケイの親子が盛んにえさ探しをしていました。
ひなは4羽ほどいました。
180625026tr


帰りに立ち寄った田んぼでもカルガモの親子連れがいました。
こちらは8羽のひなを連れていました。
180625054tr


無事に独り立ちできるといいですね。

たねダンゴ、その後

4月にパシフィコ横浜で開催されたF&Gショウで作ったたねダンゴを、
4月23日に畑に植え付けたものが、結構咲き始めてきました。
180625075tr


180625076tr


180625077tr


そして6月3日に花菜ガーデンで開催した、たねダンゴ作りイベントで作ったたねダンゴは、

帰宅後に植え付けたものが、かなり育ってきました。
180625078tr


180625079r


それぞれ、夏いっぱい咲いてくれそうです。

2018年6月 7日 (木)

小網代の森

先週、小網代の森へ、シダ類の観察に行ってきました。
すっかり忘れていた写真の整理が出来たのでアップしてみました。

コモチシダは、その名の通り、葉の上に子供が沢山出来ていました。
180602004tr


こちらは、すっかり一人前の葉の形が出来ていました。
180602006tr


基部には根も出来ていて、落下するとそのまま地表に根付いて増えていくそうです。



木道を進み、ふと土手の隙間を見ると山で生息するアカテガニが潜んでいました。



アカテガニは山で生息して、雌は7月~8月に海岸へ出て子供を海に放出するそうです。
その子ガニは海で育ってから山へ戻って生活するそうです。
180602035tr


直ぐそばで、海から戻ったばかりのような、ちびちゃんも発見。
180602036tr


海岸の干潟に出ると、沢山のカニたちが穴から出て動き回っていました。
ものすごい数のチゴガニは、一斉に万歳を繰り返していました。
180602022tr


180602025tr



ヤマトオサガニ
180602027tr


ハクセンシオマネキ
180602032tr


植物だったのか、カニだったのか、いずれにしても楽しい観察会の一日でした。

2018年6月 6日 (水)

そろそろ梅雨入り

今朝は、梅雨入りを思わせる雨がシトシトと降って、
庭のアジサイが息を吹き返したような様子です。

和庭のヤマアジサイやタマアジサイはまだ開花していませんが、
前庭のカシワバアジサイ、アナベル、隅田の花火、ガクアジサイは満開です。
180606002r


180606003r


180606004r


言い尽くされてはいますが、やはり雨に濡れるアジサイは風情がありますね。

2018年5月31日 (木)

コチドリ

今朝は久しぶりに平塚の海岸まで行ってきました。
残念ながら飛び回っているのは、ウミネコとトビの群れ。
そして遠くにコアジサシとカワウくらいでした。

海岸の流木にとまるトビ3羽
180531006tr



相模川の河口岸壁に1羽だけいたコチドリ
180531001tr


その後少し上流へ移動。護岸にいたササゴイ
180531011tr



河原の枯草にとまって囀るヒバリ
180531009tr


久しぶりの鳥見でしたが、特別な出会いはありませんでした。

«ジャケツイバラ